電子タバコ 害

電子タバコは害はあるの?

匂いが少なく煙が出ないと話題のアイコスではありますが、健康に害があるのかと言う問題はやはり気になるところですね。

 

現時点で言えば、まだ広い範囲で販売され始めてから1年程度の期間しか経っていませんから、長い目で見たときの健康に対する影響というのは分かっていないというのが現状でしょう。どんなものであっても短期間の使用だけで害があるかと言う判断は、難しいものなのです。後から害のある物質を研究者が発見するかもしれませんし、それまで害がないと思っていたものに有害性が見つかってしまう例も少なくありませんからね。

 

ただ、少なくとも普通のタバコを吸っているよりは、害が少ないのではないかと思われます。何故なら、アイコスユーザーの多くに咳が出なくなったり、呼吸が改善されたという良い結果が見られているからです。煙草の葉を火で燃やして煙を出すタバコに比べ、タールの量が少なかったり一酸化炭素などの有害なガスが少なかったりすることの影響かとは思いますが、はっきりとした公式発表があるわけではありませんので確定はできません。しかし、現にこのような効果が見られているのは事実なのですから、実際に害が多いものではないのでしょう。

 

この結果は吸っている本人にとっての害を評価したもので、電子タバコもタバコである以上、周囲の人に及ぼす害に関しても注意しなければなりません。アイコスもニコチンを含んだ蒸気を吸い込むのですから、周りの人の迷惑になってしまわないように吸う場所を配慮して選ぶようにしたいものですね。